「最善な選択をするのではなく、選択を最善にしよう!」

 

こんにちは!お久しぶりです。

なかなか更新できずにおりましたが、伝えたいことが出できました。

どうぞ、お付き合いくださいね。

 

 

 

今日は4月19日、

全国的に新型コロナウイルス感染拡大を阻止するための、

緊急事態宣言が出されて初めての週末です。

自粛要請に協力するかたちで、パン屋の仕事も休業でお休み。

家で過ごすわけですが、

どうしても不安怖れにアクセスしてしまいがちです。

そうすると、ありもしない妄想に苛まれて気分が落ち込みます。

どうしよう?とか思い始めると、

せっかくの時間を無駄にしてしまうことになります。

こんな経験ありませんか?

ふだんなら日々の生活に追われ、

余計なことを考えずに済むのですが、

今はちょっと特別ですね。

 

 

そこで、こんなループから抜け出す方法を考えました。

 

  1. やるコトを明確にする
  2. スケジュールを立てる
  3. ルーティーンを決めておく
  4. 予定通りにいかなくても一喜一憂しない
  5. 振り返りの日誌を書く

 

 

 説明します。

 

 1.やるコトを明確にする

   要は、今日やることのリストを前日夜に書き出しておくことです。

   これだけで、翌朝起きる時間も決まってきますし、

   スタートダッシュが切れます。

 

 2.スケジュールを立てる

   1と同じことですが、時間をゆるく管理するだけでも、

   メリハリがついて違ってきます。

 

 3.ルーティーンを決めておく

   ルーティーンを決めておくだけで、1日の流れが良くなります。

 

 4.予定通りにいかなくても一喜一憂しない

   出来ないことがあっても、チャレンジしていればOKと、

   ゆるく設定します。

 5.振り返りの日誌を書く

   だまされたと思ってやってください。

   たとえ3日坊主でも、再開すればヨシ!

   一日、一行でもやらないよりも各段に良いです。

 

 

いかがですか?

振り返って改善をくりかえせば、良いのです。

そう、トライ&エラー!

 

 

そして、ここまで読んでいただいた方だけにお伝えしたい

重要な考え方をお話します。

 

 

そもそも、私を含め、決めたことが出来ない人は、

本心でやりたいと思ってないことが多いです。

 

なぜなら、「やりたいコト」ならこんなループにはハマらず、

言われなくても、もくもくと取り組んでいるでしょう。

「やりたいコト」が明確になってないから、ズルズルいってるわけです。

 

 

そして、ここが重要ですが、

「やりたいコト」は初めは、「やりたいコト」でなくてイイ。

 

何が言いたいかというと、

「ヤリたいこと」をさがして選択を迷っているぐらいなら、

今、関心があることをまずは始めてみる。

判断はそのあとからやればイイ。

 

そして、仮決めの「ヤリたいこと」を積極的にやってみる。

そうすれば、それが「ヤリたいこと」になっていく可能性もある。

 

選択を迷っている時間がムダですね。

人生は迷っているほど長くない。

 

「最善な選択をするのではなく、選択したことを最善にしよう!」

 

最近ある人から言われて、自分もとても共感したのでシェアします。

最後までお読みいただきありがとうございました。