音楽

人生という名の列車 ~我ら人生の応援歌~

今日も、最近思う事をみなさんと一緒にシェアさせてください。

先日書いた、”つまらない大人になりたくない”が好評でした。ありがとうございます!

ということで今回も、同世代の応援歌をご紹介。

 

何をかくそう、わたしは今年になってから、電車通勤をしています。

昔っから満員電車に揺られて通勤するひとを、尊敬してました。

でも、積極的にやろうとは思いませんでした。

それが、今、片道30分ですが早朝の便で揺られて出勤してます。

偉くなったものです。

それはさておき、いつも同じ車両に乗っていると、毎朝顔を合わすひともいます。

その方たちの乗り継ぎ駅もなんとなく把握します。

あのひとは、いつもあそこの駅で降りるなとか、、、

降りるひとつ前の駅にきたらドアの前に陣取り、誰よりも早く降りて乗り換えの電車に移って座ろうとするのです。おそらく、遠くまで通っているのでなるべく座りたいのでしょう。

悪いとは思いませんが、けしてほめられる行為ではないな、と思います。

ゆとりがないように映ります。

また、だらしなく寝ているひとや、大股をひらいて踏ん反り返っているひともたまにいます。

年は関係ありません。若いひとも、年配のひともいます。

 

もっと周りに気をつかってもいいのではないか?

 

疲れてるのかな?でも、それにしても、、、

 

もっと元気だせ、ニッポン人!!とくにオジさん、オバさん!!!

 

ひとのふり見て我がふり直せとは申しますが、こんなの常識ですよね。

 

 

かつて、わたしたちが子どもの頃には、お手本となる人物が周りにいました。

テレビに出てくるスターや、歌手、マンガのヒーローたちも、お手本となりました。

そんな彼、彼女らにわたしたちは、ある意味育てられてきたのですよね。

 

かつてのヒーローたちがこんな姿になってしまったわたしたちをご覧になったら、きっと嘆くでしょう。

あんなにいっぱい夢をあげてきたのに。。。

 

 

子どもの頃のテレビ番組で40代以上なら、

土曜8時といえば、一世風靡した「8時だヨ、全員集合!」がお決まり。

チョーさん、チューさん、ブーさん、工事さん、カトちゃん、ケンちゃんなつかしい。

お手本??でも家族一緒に見たってひと多いんじゃないでしょうか。

   「おいっス!!

そんなドリフターズも歌詞に出で来る、とっても勇気が出る歌があるので、

ぜひ聴いてください。

 

10年まえに出た曲ですが、ストーリーがあって聴き入ってしまいます。

我々40代50代の泣ける応援歌です。

 

馬場 俊英さんの「人生という名の列車」です。

どうぞ!!

 

 

 

 

 

つまらない大人になりたくない

2月も、半ばに入り、今日は商業的イベントばかりがクローズアップされがちなバレンタインデー。

悪いとは言いませんが、なんか完全に踊らされているよな。まあ、チョコは食べますけど。

バレンタインと言えば、ハートがつきものですので、

今日はこころに火を灯す、ハートに火をつける話です。

では本題、自己紹介でも書きましたが、わたしは40半ばの中年オヤジです。

わたしの青春時代は、80~90年代。昭和の終わりから、平成の頭です。

あのころは、自分が若かったせいもあるかもしれませんが、今よりは活気があったと思います。

バブルと呼ばれたころもあり、はなやかな時代でした。

ぶっちゃけ、給料も高かった、たいした仕事もしてないのに。

そして、夢も見れた。。。

ところが、今はどうでしょう?

内閣府調査のこんなデータがあります。

先進国の若者(10~20代)の意識調査です。

http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26gaiyou/tokushu.html

どうでしょうか?良くご覧いただけましたでしょうか?

平成26年の調査だそうです。

日本の若者は、「自分自身に満足しているか?」という質問で、諸外国に比べYesが45.2%と、極端に低いです。

また、「つまらない、やる気が出ないと感じたことはあるか?」という質問では、Yesがこれまたダントツの76.9%と1位です。

外国との比較ですので、判断基準のブレがあるのかもしれませんが、これを見て正直、驚きました。

未来を担う若者が、将来に対して希望を持ててない。

自分たちのころはどうだっただろう?

たしかに、将来に対して不安はあった、

でも、理想のモデルになる大人たちがいて、

いつかああ成りたいというのが、少なからずあった。

今の若者にとって、理想の大人は現実にいるのだろうか?

いないんじゃないだろうか?

もしそうなら、責任は俺たち世代にある。

これはマズイ。

いまある自分の姿は、自分だけのものじゃない、父母から受け継ぎ、また若者、子どもたちの世代に受け継いでいかなくてはいけないんだ。

わたしは、80年代の音楽に影響を受け、青春を過ごしてきました。

サザン、ユーミン、山下達郎、ボウイ、尾崎豊、白井貴子、佐野元春、、、

数え上げたら、きりがありません。

あのころは、確かに〇がたくさんあった、そう、そこらじゅうに。

佐野元春の「ガラスのジェネレーション」というROCK’ROLLナンバーに、

最後に、”つまらない大人にはなりたくない!”というフレーズが出てきます。

当時これを叫びながら、胸を高鳴らせていた1人の少年がいました。

その少年にウソをついてないか?

オヤジたちよ、今日も戦おう。