家族

でも、歩き続けよう。

 

〜でも、歩き続けよう。〜

 

あの日、夜空を見上げながら、

満天の星空と、神々しく光る月を、

車の屋根から見た。

あれから7年の歳月が過ぎ、記憶もしだいに薄くなっている。

東日本大震災の地震と津波、伴う福島の原発事故、経験のない未曾有の災害で、尊い命が奪われた。

そして今、被災地の景色は一変し、安心安全な街に変わりつつある。

一方で悲しみと向き合えず、胸のうちを隠さざる負えなく過ごしてきて、心を病んでしまう方がいらっしゃる。

震災からの復興のはずが、心を置き去りに急スピードで進んでいく。

日本人、3.11の頃だけ、思い出し、すぐに忘れてしまう。

あの時、絆とか、つながりとか、盛んに使われたことば。

時の経過と共に、少なくなっていく。

 

 

もう、振り返ってばかりいられない、
未来に向かって前に進まなきゃいけない。。。

 

 

でも本当はそのあたり、みんな想っている。

単純に前に進め、進め、で動けたらどんなに楽か。

だが、人の心はそんなに単純ではなく…

新聞や、報道を見て思った。

 

まだまだ、前に進めずに苦しんでいる方がたくさんいる。

 

前に進めだけでは、進めなくなる。

振り返って、心の洗濯も時に必要。

でも、ちょとだけ勇気がいる。

実は人と話すことが何よりも嬉しいし、癒される。

 

人は、人でしか、癒せないのだ。

 

寄り添って共にある、ということを感じてもらって、

歩きはじめることができるのだろう。

 

 

*写真は、昨年夏、ようやく仮設住宅から前進し、高台に復興住宅を再建出来た親類の住む、新たな街並み。

 

いのちに合掌

【いのちに合掌】

今年も3月11日が巡ってきた。
あれから6年。
恐怖心、絶望感、不安感がごちゃまぜになり、インパクトが強すぎて忘れようとしても忘れられない。
でも、風化し始めているのも確か。
やはり今日は、

被災地に思いを寄せて、

復興を祈ろう。

 

 

合掌


岩手にいる従兄弟も、今年はようやく仮設住宅を出られる予定です。

家族

今日は休みを頂いておりました。

あまり家にいないわたしも、たまの休みは家にいます。

 

未だに独身で、たいした不自由もなく暮らせているのは、父との同居のおかげ。

父はもうすぐ後期高齢者の仲間入りですが、とても元気。

家庭菜園に、グランドゴルフ、そば打ち、と忙しく仲間とやってます。

 

 

わたしの母が20年まえ病気で亡くなり、父はひとりでやってきました。

再婚話しなど一切なく、食事も料理教室に通ってマスターしてました。

 

たぶん、病気ひとつしたことなかった妻を急に亡くしたことに負い目があったのだと思います。

父は、しごと一筋のひとでした。

 

そんな父も、年老いてきました。

世間のニュースに対して、あーだこーだ、ひとりで言っています。

自分に対しても、言ってきます。

言われると、とても嫌な気持ちになります。

 

互いに持ちつ持たれつの関係でずーっときてしまい、

それが自分にとって自立出来ない原因の一つだと思います。

 

このブログを書くにあたり、ひとつの目的があります。

 

「自立すること。」

 

今まで出来ていなかったことの最たることのひとつ。

 

これは、親の願いでもあると思います。

 

だれかのハートに火をつけるなら、、まず自分から。

(写真は本人、父の畑にて)